キャンドルサービスは、もう古い?

結婚式の定番の演出といえば、ケーキカットやキャンドルサービス、両親への手紙が思い浮かぶと思います。その中で、最近キャンドルサービスの演出をカットすることが多くなっています。キャンドルサービスは重いドレスを着ている新婦にとってかなり大変な作業になり、周る卓数が多いと、それだけ時間もかかってしまいます。その間、ほかのゲストは新郎新婦が来るのをずっと待っていなければいけません。キャンドルサービスの演出に代わり、新郎新婦が写真を撮りに全卓を周る傾向が増えています。

オープニングムービーが流行中

新郎新婦の生い立ちやなれそめを紹介するプロフィールムービーは、以前から定番になっていました。少し前から流行りだした、結婚式当日の動画を最後に流すエンドロールムービーも定番になりつつあります。今、流行中なのがオープニングムービーです。新郎新婦が登場する前の時間に動画を流すもので、ゲストが新郎新婦をただ待っている時間を楽しいものに変えてくれます。内容は、結婚式の準備をしている様子や、ゲストに感謝の気持ちを伝えるものなどが多いようです。

フラワーシャワーだけじゃない

結婚式の定番、フラワーシャワーは今も根強い人気があります。最近では、フラワーシャワーの代わりに風船を飛ばすバルーンリリースや、巨大クラッカーを鳴らすといった、新郎新婦の個性が出る演出が増えてきています。紙ふぶきをいれた巨大な風船を割るコンフェッティバルーンや、シャボン玉を飛ばすバブルシャワーなど、どれもゲストを楽しませる演出です。神前式の場合、折り鶴や和紙を飛ばす折り鶴シャワーというものもあります。

結婚式場を東京で行う時にも。日取りは列席者の都合を考えて土、日や祝日を選ぶとよいでしょう。盛夏や厳冬期、仕事が忙しい時期は避けて、また新婦の体調を考えるのも忘れてはなりません。