最近増えている、少人数ウェディング

結婚式と言うと、さまざまな招待客を呼んで大人数で行うというのが一般的ですが、最近では、40名以下で行う「少人数ウェディング」を希望する人が増えています。人数に関しては、新郎新婦だけという場合や、新郎新婦に両家の両親を足しただけというごく少数のスタイルで行われるケースもあります。少人数ウェディングが選ばれる理由に関しては、費用を節約したいという場合や、あまり大人数の派手な結婚式はしたくないといった場合などさまざまです。

少人数ウェディングのメリット

まず一番のメリットとしては、「アットホームな雰囲気の結婚式にできる」ということが挙げられます。少人数ウェディングの場合、招待客は家族や親族、そして友人などの親しい人たちばかりですし、人数が少ない分、会話をする機会も増えるため、アットホームな雰囲気になりやすいと言えるでしょう。そして、少人数であるため「費用を抑えられる」というメリットや、コンパクトな式のため「準備期間が短くて済む」というメリットもあります。

少人数ウェディングの注意点

まず1つ目の注意点は、「利用できる会場が限られる場合がある」ということです。最近では少人数に対応したホテルや専門式場も増えていますが、比較的大人数でしか利用できない会場も多いので事前に調べておく必要があるでしょう。そして2つ目の注意点は、「利用する会場によっては割高になるケースもある」ということです。結婚式では、人数に関係なくかかる固定費(衣装や司会、撮影費など)があるため、1人当たりにすると割高になってしまう傾向があります。ですので、ご祝儀による収入の予想などをした上で、最適なプラン(人数)を検討する必要があるでしょう。

結婚式なら親族のみのスタイルも良いものです。アットホームな雰囲気のなかゲストに気を遣うことなく親族同士で遠慮なく話ができ、今後末永くおつきあいしていく両家にとってお互いの距離がぐっと近づきます。